院長のごあいさつ

HOME » クリニックの紹介 » 院長挨拶
院長 武者 毅彦
たけ循環器内科クリニック 院長 武者 毅彦

近年、「メタボリック症候群」という新しい概念が提唱され「生活習慣」に関わる病気が、がぜん注目されてきました。高血圧、糖尿病、脂質異常症などは「生活習慣病」と呼ばれています。
私は循環器内科勤務医として医療に携わっていた時期に、心臓病(高血圧も広い意味での心臓病です)の患者さんを診察した時に、「この方の生活習慣が改善されたら現在の体の状態よりもずっとよくなるのになぁ。」と思うことがしばしばありました。

勤務医から、地域に根ざす開業医という立場に変わり、患者さんの生活習慣という「根っこ」のところから患者さんと関わって行きたいと考えています。

病気の治療やコントロール、さらに患者さんの体の状態を把握するためには、検査や検査結果を迅速に個々の患者さんに反映させることが必要になります。そのために当クリニックでは、採血検査の結果は殆どの検査項目で、採血後1時間ほどの待ち時間でその日のうちに結果をお話できるようにしてあります。

また、検査機器についても、心エコー図検査、運動負荷試験(トレッドミル負荷試験:ベルトコンベアの上を歩く検査)、ホルター心電図検査(24時間心電図)、24時間血圧計検査、血圧脈波(足の血管の動脈硬化を調べる検査)、肺活量、レントゲン写真、心電図などの機器をそろえて対応しております。

当クリニックの診療のメインは「循環器内科」ですが、それ以外の内科の病気も私が対処できる範囲で診させていただきます。

また、「盛岡クリニックモール」内の耳鼻咽喉科、脳神経外科、レディースクリニック、歯科とも連携し、情報を当クリニックでの診療に迅速に反映させることができます。患者さんには一か所の病院を受診したときと劣らない満足度を得ていただけるものと思います。
患者さんとともに病気について学び、みなさんの健康増進を一緒に進めていけるようなクリニックでありたいと考えております。