循環器検診

HOME » 診療案内 » 循環器検診

検診項目
心電図
安静時心電図で心電図異常の有無を確認します。

胸部写真
心拡大(心臓が大きい)の有無や胸部異常陰影の有無を確認します。

心エコー
心機能(心臓は血液を送り出すポンプです。そのポンプの働き)を確認します。
弁膜疾患の有無(弁膜の病気の有無)を確認します。
心臓の拡大の有無や心室壁の肥大の有無(心筋症や高血圧性変化の有無)を確認します。
明らかな血栓(脳梗塞の原因になりうる血の塊が心臓内にできることがあります)の有無を確認します。
心エコーでこれらのことがわかります。

トレッドミル(運動負荷試験)
ベルトコンベアのような器械を心電図と血圧計をつけて歩いていただきます。
運動により心臓に負荷がかかることで狭心症発作や不整脈が出やすくなるようなことがないかを調べます。

ホルター心電図
安静時心電図では見つけられない心電図の異常を長時間(24時間)心電図を記録することで発見する検査です。検査の日は入浴できませんが(体に電極を貼りつけるため)、入浴以外は普段通りの生活を送っていただきます。日常生活の動作で何か心電図の異常が出てこないかを確認します。

血圧脈波
両手と両足の血圧を測ることで、足の血管の動脈硬化や血流の悪いところがないかを確認します。

オプションとして、肺機能検査も受けていただけます。

当院は循環器科領域の検査機器が充実しております。これらの検査機器で「循環器検診」を組んでみました。保険外診療になりますが、 「将来生活習慣病が心配だ」という方、御両親や御兄弟に心臓疾患や高血圧などの方がいらして、 「検診を今後の健康な生活の指針にしたい」方は受診を御検討してみてはいかがでしょうか。御希望があれば、血液検査との組み合わせも可能です。
費用は、心電図・胸部写真・心エコー・トレッドミル・ホルター心電図・血圧脈波の6種類の検査で35,000円です。

詳しくは当院まで御相談下さい。

余談ですが・・・
米ニューヨーク州が「砂糖入り清涼飲料税」の導入を目指しているそうです。課税する理由は、甘い清涼飲料が肥満の人を増やし、 州政府の医療費も膨らませているから、だそうです。さらに、アメリカは糖尿病などの生活習慣病による医療費の問題があり、 予防医学的見地から考えた税金だそうです。健康と税金の話を結びつけるつもりはありませんが、生活習慣病と循環器疾患とは深いつながりがあります。 「検診」や「予防」という言葉は今後の医療のキーワードになるのではないでしょうか。